結婚式に向けて札幌クリニックでのタトゥー除去を

レーザー治療可能だったのが救い

ホクロ・イボ | 美容皮膚科

できるだけ下に状態に近づくのが理想といったので、それをお医者さんには何とかして欲しいと伝えてみました。
タトゥーを助教する治療をするということは、必ずその傷跡は残るものであり、その中でも傷跡を目立たない状態で医療をする方法を、医療でできる方法で考えてくれました。
タトゥーは色をたくさん入れて仕上げているものではなく、黒だけの一色のタトゥーですので、その黒だけというのでタトゥーは、レーザー治療での方法を提案してもらうことができました。
できる限り元の状態というのは理想論であり、本当は皮膚を切り取るのだろうという、大きな不安も抱えてのわがままなリクエストをしましたが、タトゥーの状況からしても黒だけの色が入ったものであれば、医療機器を使用したレーザー治療が可能という判断となったのです。
墨汁と持ち針で入れた素人彫りである黒一色であれば、レーザー除去という手段で解消をしてくことが可能だったのです。
タトゥーは広い範囲にカラーで入れたわけではなかったので、それはバカをした自分であっても、ほんの些細な救いになったのです。
バカはバカでもそのうちに自分のやった愚かな行動に気が付くことができれば、残りの人生での修正を加えることはできないことではないはずです。

結婚を機に札幌のクリニックでタトゥー除去 : レーザー治療可能だったのが救い : タトゥーは絶対に後悔のもとになる